• ホーム
  • 仕事における水虫のダメージ

仕事における水虫のダメージ

水虫の足裏

水虫は皮膚の角質の成分にカビの一種である菌が住み着いてしまいできるもので、タンパク質を栄養源にしています。

実はその菌はいろいろな場所にあり、足の裏などについてしまうことで感染してしまいます。
水虫は発症してしまうと赤くなったり、皮膚がめくれたりします。
またかゆみをともなったり水膨れができてしまうなどの症状が現れることもあります。

最近は仕事をしている女性などにも多く発症しているのが特徴でもあります。
もし水虫の菌が皮膚に付着しても1日のうちに洗い流せば菌も流れてしまいます。
しかし足が蒸れている状態であるとわずか数時間で菌によダメージを受けてしまい感染しやすくなるのです。

そのため女性などは特にブーツなどを履いていると足が蒸れやすくジメジメとした状態が続いてしまい、仕事などつねに履いているような場合は感染しやすくなるのです。

仕事中にかゆみなどが発生してしまうとこれもまたダメージとなります。
集中して仕事ができないなど影響が出てきます。
そのまま放置しておくと足からほかの場所にうつってしまうことにもなります。

水虫による仕事のダメージを少なくするためにも日頃から気をつけておくことが大切です。
やはりできるだけ蒸れないようにすることです。
ブーツやストッキングなども蒸れの原因ということと、足先が細くなっていると指が密着してしまうためあまりよくありません。
ブーツなどの靴は定期的に乾燥させるなどの対策も必要となってきます。

もし仕事で靴を履き替えることができるなら風通しのよいものに履き替えることと、家に帰ればまず足をきれいに洗い流すといったことも効果があります。

水虫になった場合ははやめに薬などで殺菌して治療を行うということも必要です。

人気記事一覧